人気ブログランキング |

フレンチとワンコと飽きない日々


by madame_noe

おうちでディナー①Sachinさん夫妻とSさん夫妻を招いて

今回は、うちでSachinさん夫妻とSさん夫妻を招いてディナーをしました。
着席位置を間違え、まるで合コン・・・。
d0178742_15342787.jpg


Sachinさんからインドのスウィーツとマンゴーピクルスをいただきました。
スウイーツ
カルダモンのきいた癖になる美味しさです。
d0178742_14572845.jpg

マンゴーピクルス
カレーに福神漬けといったイメージ。確かに何杯もおかわりできちゃうかも。
インドでは、各家庭で代々受け継がれてきた秘伝の味があるといいます。
d0178742_1521092.jpg


Sさんからは、カタールでは貴重な黒豆を煮たものと黒豆のパウンドケーキ。
Nの大好物で、黒豆入りのバターのきいたパウンドケーキがかなり気に入った様子。
「美味しい!」と連発してました。
Sさん、ますます腕に磨きがかかってきましたね!
しっとりしてふんわりしてかなり美味しい!
d0178742_157485.jpg


今回のメニューは帰国後のレッスンに起用するものも含まれ、
おかげ様でバッチリ練習・試作させてもらいました^^;

メニュー
2種のディップ(パプリカ、フルーツコンフィの入ったクリームチーズ)
自家製ピクルス
チーズ春巻き
ビスク
白身魚のポワレ、ソース・ブールブラン
グリークサラダ
インディアンマトンの香草パン粉焼き、ラタトゥイユ添え
ティラミス
コーヒーor紅茶


なんと!不覚にも・・・
Nも私も食べるのに忙しく、写真の撮り忘れが!!ガ~~~ン!
気がついたのがかなり遅く、メインとデセールのみ!

インディアンマトンの香草パン粉焼き、ラタトゥイユ添え
Sachinさんに教わったのですが、
マトンはインド産、パキスタン産、オーストラリア産があって、
インド産が一番美味しいと。
そういえば、スーパーのお肉売り場にそういう表示があったけ!
そこで、本日はインド産のものを使ってみました。
オーストラリア産に比べてお肉が薄い・・・。痩せてるのかしら?
でも、臭みがなく、味が濃く歯ごたえが適度にあって・・・お・おいしい・・・
しっかりマンショネして手でつかんでガブッといけるようにした。
ラタトゥイユはコルドンで習ったやり方で、野菜はすべて7mmのデに切って作った。
ソース代わりになっていい。
d0178742_15284540.jpg


ティラミス
スピニーズでレディフィンガーがあったので、それを使った。カンタン!
d0178742_1543187.jpg

d0178742_15433444.jpg


和やかな内に時間が過ぎていき、9ヶ月のbabyとNのおねむの時間となりました。
d0178742_1643159.jpg

楽しかった~~!

Sachinさんのbabyはとても可愛く、起きている時はニコニコ、キャッキャして、
眠くなるとむずかることなくコテッと寝てしまう。将来、大物間違いなし!
私も待ち受け画面がワンコからbabyに代わるのが、そう遠くはなさそう・・・キャッ!
                                (注;私じゃないからっ!)
トラックバックURL : https://madamenoe.exblog.jp/tb/15372301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by studio_ciaco at 2012-02-06 02:09
noe先生、ゲストの皆さん、先生のお料理に大感激されたのではないですか。
今日は、先生のお住まいの前の遊歩道を夫とウォーキングしました。桜並木もあと2ヶ月後くらいには満開となりますね。
それにしても、ご主人様お一人でこの広いリビングをお使いなのですね。
(注;私じゃないからっ!)・・・もちろん、分かっていますよ(笑)

Commented by madame_noe at 2012-02-07 04:04
Ciaco先生
うふっ!(注;私じゃないからっ!)・・・ですよねぇ~~!

さて、2月に入ってからバタバタしてきました。
気合い入れて、帰国後のレシピ作りに入っております。
ゲストの皆さんには、試食を兼ねたパーティーに参加していただいているので、助かっています。

あと2週間ほどで帰国です。
きっと私がいなくなったら、また所狭しと洗濯物やら本・新聞やら食器、毛布などがリビングに散らかし放題になるんでしょうねぇ~。(本人、散らかしてるつもりはなく、生活の場なんだからと言い張る!)
単身男一人暮らしが長くなると、広いリビングも悲惨です・・・。

次第に桜並木が恋しくなってきました。
noe
by madame_noe | 2012-02-01 22:40 | カタール日記 | Trackback | Comments(2)