フレンチとワンコと飽きない日々


by madame_noe

<   2017年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

8月のこの日は特別なゲストをお招きしてランチしました。

メニューの中からどれか、9月以降のクッキングに出るかもよ~~182.png
お楽しみに^^(練習させていただきました 129.png

「白ワイン」
「蛸のセヴィーチェ」
「鴨の瞬間燻製、オレンジソース」
「ソフトシェルクラブの唐揚げ」
「バケット」
「ヴィシソワーズ2017

d0178742_11042465.jpg
「オマール海老のフリット、柑橘系のグリビッシュソース」
「和牛のロースト、赤パプリカのソースと粒マスタードのソース、季節の野菜のグリエ添え」
「桃のフレッシュコンポート、桃のグラス、冷たい桃のスープと共に」
(ジュレにすれば良かった・・・と反省^^;)

d0178742_11191003.jpg
ぶっつけ本番でどうなるやらと内心ドキドキしていたけど
忘れ物無し?で全て提供できてホッとしました。
私の長い夏休み、こういう刺激的なイベントがあるとシャキッとしていい。
久しぶりの緊張感で心地良かったぁ~182.png

そろそろ夏休み気分から抜けて9・10・11・12月のメニューを頑張らなきゃ!!
「・・・口ばっか・・・」と、娘 H 子に言われてる感じが、、、幻聴かっ???128.png



[PR]
by madame_noe | 2017-08-16 11:32 | おうちご飯 | Trackback | Comments(0)
この日はマダムNのアレンジで「レストラン・フー」へ。

マダム N はご夫婦で、また、お友達とも通う常連さん。
そういう方とご一緒出来れば・・・162.pngということで、あっという間に
6人のマダムが集結して行ってまいりました。

実は今年2月にも訪問しており、お料理、サーヴィス共に素晴らしいレストランだということは記憶に新しく、いつか季節の違うメニューもいただきたいと思っていたところでした。

レストラン・フーは、創業1980年の老舗フレンチレストラン。
現在の松本浩之シェフは7代目で、6年連続☆を獲得している実力派。
接客も老舗らしく伝統さえ感じられるスマートな心地よさ。
内装もシンプル、余裕のあるテーブルの配置で隣が気にならない。

この日のコースはマダムN にお任せして良かった!!
前もってHPを眺めながら「あ~、あれもこれも食べたい・・・」と
思っていた通りのお料理のコースでした。

赤座海老を浮かべたアンダルシア風ガスパッチョ
ガスパチョに海老を浮かべるなんて考えもしなかった。
とても合っている。
生うにと有明産生のりのコンソメ、ポロ葱のクリームタルト仕立て
夏にいただくオードブル。ひんやりして美味しい。
フランス産バター」(お料理に夢中になって忘れてしまった!!)
d0178742_00572178.jpg

カサゴのポワレと夏野菜のリゾット、サフラン香るソースポワッソン
カサゴを丸ごと使って調理する。
部位によって調理法を変えて、一番美味しくいただける方法を
経験と知識でお客様に提供する。
帰宅してから、こそっと教えていただいた方法で魚をポワレしたけど
やっぱり難しい。そりゃそうよね・・・
夏野菜のリゾットが半端無く美味しい。
強い緑のピュレに染まったリゾットが濃厚で、添えられた夏野菜も美味。
フランス産仔羊の軽い燻製、様々なトマトとシンプルなジュ」
ここの仔羊は、、、今まで食べてきたものの中で最高の美味しさ!!!
シンプルなジュのソースで完結!そうあるべきなのだ。
d0178742_00573657.jpg
爽やかなデセールもとても美味しくいただきました。
ソルべの上に海ぶどう?!   それが合ってる165.png

d0178742_00575290.jpg
居心地がいいのもあり、時間が経つのも忘れるほどの楽しい時間を過ごすことが出来ました。
マダムN、グルメなマダムの皆さん、どうも有り難うございました。
ご一緒出来て嬉しかった!!
また、行きましょうね!!

この後、真面目な主婦の顔に戻り、「おつな寿司」でおいなりさんのお土産を買って即!帰宅、、、と思ったら靴下専門店「マーガレット」を見っけぇ~113.png
ここのストッキングは料理研究家R先生お勧めで知ったのですが、
すごくいいです!
なかなか見つけにくい場所なので、この際ということで大量にお買い上げ♪♪
この日はなんて充実した一日だったかしら^^
大満足な私は超ご機嫌で、同じ方向のマダムOと一緒に銀座から高速バスに乗り、
退屈しない時間を共有しながら帰宅。
ごめんねぇ~~、爆睡の予定だったぁ???
楽しかったよっ128.pngえへっ!

[PR]
by madame_noe | 2017-08-16 01:28 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行 ④

ベトナム、ホーチミン旅行の最終日。
深夜便の帰国です。
バタバタ駆け足の旅行でしたが充実した4日間でした。

この日は待ちに待ったオーダーメイドの服を引き取りに「うさぎ」へ。
服のリフォームもしているそうで、次回は色々お直しが必要な?服持参で
来るのもいいかと(日本の1/5のお値段でお直ししてくれる^^)。
オーダーなのでサイズもばっちり!大満足164.png
この後はスーパーマーケットやお土産屋さん巡りでお腹が空いてきました。

この日のランチは、ベトナム人の中でも人気の「レストラン an」へ。
ちょっと分かりにくい場所で、道路に面してある「ゴールドフィッシュ」というレストランの脇を通って路地裏にあります。
最近は有名になって高級店の類と言われていますが、こじんまりとしたお洒落な隠れ家レストランです。
入ったら、物静かな優しげな男性がメニューを説明してくれました。
なかなかスマートで好感が持てます。
他のあるレストランではフロアの男性が始終スマホに夢中になって少し残念だったのに対し、「an」はおもてなしの心が伝わってきました。
d0178742_23503136.jpg
料理も全て美味しくいただきました。
海老のすり身
スペアリブの炒め物
バインセオ
空芯菜と海老の炒め物
d0178742_23531199.jpg

今回の旅行でお勧めのレストランはと言うと、
お店の雰囲気、サーヴィス、料理の味、お値段の総合的な面で、
フーン・ライ」と「レストラン・アン」かな?
もっともっとレストランは星の数ほどあるので、次回は
日数を増やしてあっちこっちガンガン食べ歩きをしますね。

ショッピングとマッサージとグルメの旅はあっという間に終わり。
当初の目的である塗りの折敷18枚も買ったし、ベトナムの食べ物も美味しいし、
欲しいものもお安く手に入るので、きっとまた行くことになると思います。
H 子さん!またヨロシク~~~^^;
あ~~~、楽しかった!

[PR]
by madame_noe | 2017-08-15 00:33 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行③

料理教室が終わり、午後からは H 子と合流。
せっかくなのでミニ観光。
d0178742_13294102.jpg
サイゴン大教会。別名「聖母マリア教会」とも呼ばれ、9世紀末に建てられた
ネオ・ゴシック様式の美しい教会です。
横を見るとコロニアル建築の「中央郵便局」。
ここ一帯は実際「Paris」という地名で、周りにはお洒落な建築物やカフェも
あり、ちょっとしたフランス。
・・・で、観光は終わり^^;
さて、ディナーの予約時間もあるし、早速、ホテルから徒歩5分の大型スパへ。
「あれ?10年前にも来たところだ・・・」
3時間のコースで約11500円~。
ハーバルスチームバス&ジャグジー、アロマテラピー・ボディマッサージ
ボディースクラブ、フェイシャルトリートメント。
すっかりのんびりしちゃって、お肌ツルツル。
マッサージは・・・そこそこだけど、超肩こりのオバサン相手に頑張ってた^^;

ディナーはクックガッククアンCục Gạch Quán
中心部からタクシーで12~13分。1区の北にあります。
ブラッド・ピットとアンジェリーナジョリーが訪問した事で有名になりました。
古民家風の店内に入るまでがちょっとしたジャングル。
鯉が泳ぐ池もあり、なかなか風情があります(ワイルド?)。
d0178742_13441704.jpg
ドリンク「フレッシュジュース
空芯菜の茎がストローになっていて面白い!!
ライス
ステンレスのしゃもじ。
ベトナム風豆腐とわかめのスープ
思いがけず豆腐とわかめ?!味はしっかりベトナム!
生春巻き
何処でも出てくる^^;
d0178742_14132098.jpg
揚げ豆腐のレモングラスがけ
カリッと揚げた豆腐がレモングラスの風味で意外にさっぱり。
骨付き鶏肉の炒め物
私好みの味だ!
ソフトシェルクラブのフリット
ふわっ!サクッ!のフリット。
チリソースといただく。これ、出来そう!
ハスの実のチェー
実とかナッツとかが苦手なH子の分まで完食^^;
d0178742_14133929.jpg
夜はロマンティックなムードでゆっくりとお酒を飲みながらベトナム家庭料理を
楽しむのもいいかも?

ご馳走様でした。

このあと、タクシーを呼んでホテルに戻ったら、急にベトナムコーヒーを飲みたくなった二人。
チュングエン レジェンドコーヒーTrung Nguyen Legend Coffee
ホーチミンに何店舗かある人気店です。
なんと蒸し暑い夏の夜のベトナムなのに屋外で?!
奥を見ると靴を脱いで入るエアコン付きのガラス張りの部屋があったけど、せっかくなのでベトナム人のように屋外で風を感じながら平気な顔?して・・・105.png
ベトナムコーヒー用のフィルターで濃く出したコーヒーを氷がたっぷりと入ったグラスに移していただくアイスコーヒーをオーダー。
コーヒーにはあまり詳しくない私でもかなり美味しい方だと納得です。
なんて美味しいんだ・・・
物価からみて1杯約800円て高価なコーヒーですが、若い子達に人気のお店のようです。
注;フィルターの乗っているグラスの下の白い層は・・・コンデンスミルク113.png
d0178742_16020830.jpg
ホテルの戻ったら、チェックインの時にホテルからもらったバーのドリンク券182.png
があるのを忘れてた。
早速、23階のバーへ♪♪
d0178742_16573145.jpg
涼しい顔でカクテルでも・・・と思ったら、バーはハーフオープンエアだった。
凍えるほどの冷えた空間が好きなのにぃ~~~!!
じとっ・・・と汗をかきながらキンキンに冷えたカクテル。
お・・・おいしい162.png
おかわりしたいのを必死に抑えてお部屋に戻りました。

かなり忙しかったけど、充実した目いっぱい楽しい一日でした。
で・・・おやすみなさ~い zzz

[PR]
by madame_noe | 2017-08-09 14:14 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行 ②

この日は、一人でオプションの「ベトナム料理教室」へ。
(Saigon Cooking Class by Hoa Tuc)

アジア系(シンガポール?、韓国、日本)の10人でベトナム家庭料理を学ぶ。
レッスンはベトナム人のシェフが英語でデモ、そのあと個人で実習。
メニューは
「Fresh spring rolls with prawns、pork and rice noodles」(生春巻き)
「Glass noodle salad with squids」(春雨とイカのサラダ)
「Chicken stew in a clay pot with ginger,basil and coconut juice」
(鶏の土鍋煮込み)
d0178742_22375924.jpg
d0178742_22391510.jpg

機関銃のような英語のしゃべりでポッカ~ンの部分もあったけど、
後で詳しいレシピを渡されてホッ・・・^^;

帰国しても材料は手に入りやすく、すぐ作れるようなものばかり。
調味料の使い方も学べて勉強になりました。
参加費用は約8000円ほど。
現地でベトナム料理のレッスン、お試しあれ!

[PR]
by madame_noe | 2017-08-07 23:08 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行2017 ①

今回は、娘 H子と母娘二人っきりでベトナム、ホーチミンへ♪♪

いつもだったら海外慣れしてる主人 N とか末っ子 T にくっ付いて「お任せ旅行」
のところ、今回は二人とも英会話が中途半端!完全フリータイム旅行で添乗員無し!
スマホさえあればどこでも行けるというお気楽なふたりで多少不安感はあったものの、
現地に着いてからは「嬉し楽しの4日間」でした。

成田からホーチミン直行便で6時間弱。
しっかり2本の映画を観て、二人でキャッキャ言いながらガイドブックの予習をして、
がっつり機内食を食べてあっという間にホーチミン。
さて、降りるぞ!と座席から立ち上がったところ、後ろからツンツン???
「せんせいっ」
「へっ?!」
「先生~!」
「ひぇ~~~~~!!!!」
なんと生徒さんであり、お菓子の職人さん(と、私は呼んでいる)である M さん!!
夏休みで満席の機内で、それも真後ろに座っていたなんて!!!
すっごい縁だね♡
妹さんと旅行だそうで、いいね!
これから乗り換えだそうで、あっという間の嬉しい再会でした。
d0178742_00172331.jpg
ホテルはドンコイ通りの中心にあるシェラトン。
日本人のスタッフもいて、何かと助かりました。
4日間しかいられないので、早速、ドンコイ通りへ。
当初の目的である漆器をのぞきに「Saigon Crafts」へ。
10年前と同じ店構えとスタッフが迎えてくれました。
高級店なので多少お高いのですが安心してお買い物ができます。
ここではお教室で使う漆器のリバーシブルの折敷18枚をお買い上げ。
生徒の皆さん!!お楽しみに~♪♪(重かった・・・また?^^;)

そのあと、生徒さんお勧めの洋服フルオーダーの「うさぎ」へ。
今にも出産しそうなオーナーさん(次の日に女の子が生まれたそうです)が
丁寧に対応してくれて、H 子と私で計?着(言えない!)お買い上げ。
二日後には出来上がります。

いったんホテルに帰って「フーンライ」へ向かう。
シェラトンホテルから歩いて8分ほど。
いつもは日本人や欧米人が多いレストランには行かないけど、ここは別!
どうしても滞在中は最低一回は足が向いてしまう。
10年前と変わらず大人気で、幸運にもなんとか予約無しで入れました。
ここのオーナーは日本人で、現地の複雑な環境の子供たちを「フーン・ライ」を通して仕事、教育、医療で支援しているそうで、若いスタッフたちも笑顔で感じがいい。
料理も優しい味で美味しいしリーズナブル。
メニューも日本語で分かりやすく書いているのでストレスがありません。
今回、「シーフード中心のコース(370000ドン/1人)」をオーダー。

スイカのジュースとブドウのジュース
ベトナムの夏は蒸し暑い。
たどり着いての冷たいドリンクは最高~♪
海老入り揚げ春巻き
海老一本が中心に入っている小ぶりな揚げ春巻き。
メッシュタイプではなく、薄い生春巻きの皮で揚げているようだった。
むちっとして美味しかった。
ハスの茎と海老のサラダ
これはベトナムに来たら食べなきゃ!
ピリッとして「甘酢っぱ辛」のサラダ、美味しい。
d0178742_01255475.jpg
「海老のココナッツジュース蒸し」
ほのかに甘いココナッツジュースでプリッと蒸したエビを
塩とライムでさっぱりといただく。
これは美味!
イカの炒め物
生姜の風味が美味しい。イカは少し硬かった^^;
シーフード土鍋ご飯
これはマストだね。
お焦げが香ばしく、たっぷりのシーフードが入っている土鍋ご飯。
真似したい味だ。
d0178742_01261228.jpg
なすのグリル、ねぎ油風味
とろっとやわらかい焼きナスに熱いねぎ油でジュッ!
甘めのヌクチャムでいただく。
これはお勧め。
紫芋のスープ
甘く仕上げたいところを塩味が効いて美味しかった。
「チェー」「ホームメイドプリン」
d0178742_01262938.jpg
d0178742_02064072.jpg
道路は仕事帰りのバイクでいっぱい。

夏のベトナムは夜中になっても蒸し暑い。
さっさと歩いて帰って、あとはゆっくりお風呂に入って寝るだけ~^^

フーンライ、お勧めです。


[PR]
by madame_noe | 2017-08-06 15:34 | 海外旅行 | Trackback | Comments(0)
前からずっと行ってみたかったレストラン・リューズ(Restaurant Ryuzu)



H さん(超グルメな生徒様)お勧めだし、飯塚シェフの「素材を慈しみ、自分流に」の本もすでに買ってあって「あ~、これも食べたい!あれも食べたい」と妄想が膨らんでおりました。
それが早々に実現するとは!
H さんに予約などすべてをお任せして、グルメなマダム6人で行ってまいりました。

6月に訪問した「ジョンティアッシュ」の進藤シェフが師匠と慕っているのが
ここ「リューズ」の飯塚シェフ。
んもう!当然、期待するでしょ!!

お店は東京メトロ日比谷線六本木駅徒歩3分のビルの地下1階にあります。
天井も高く、内装はシックで重厚、落ち着きます。
スタッフも動きがスマートで居心地いい。

「とうもろこしの冷たいスープ、オリーブのマドレーヌ」
自然の甘さとスープの底に香ばしく焼いたとうもろこしの実。
添えられたオリーブのマドレーヌが焼き立てのように表面がサクッとして温かい。
バケット
焼き立てのバケットが一本丸ごと出てきたのは嬉しい。
トマトのエスプーマ、ズワイガニ、アボカドをガトー仕立てに
下にはアボカドとトマト、リンゴ、サラダ菜。その上にズワイガニ、その上には
酸味のきいたトマトのエスプーマ。
またエスプーマが出てきた。ほ・・・ほしい 113.png
d0178742_02183513.jpg
当店のスペシャリテ
新潟魚沼産、八色椎茸をタルト、ラルドの薄いヴェールで覆って
焼いたフィユタージュにシャンピニョンと生ハムのデュクセルを広げ、その上に
椎茸を並べ、ラルドで覆う。

セルバチコのソースでいただく。
ふわっと椎茸のいい香りがする。
ビネグレットであえた水菜の緑が鮮やか。

「メバルのポワレ、ブイヤベースのソース」
カリッと皮目を香ばしく火入れした島根県産メバルの下には焼きなすのピューレが。
徳島のアオリイカのラビオリが美味しい。コリコリしたイカの食感が面白い。
ソースはブイヤベース。

「十日町妻有ポークのロース肉のロースト」
シェフの故郷、新潟県十日町、妻有の良い環境に恵まれて育った豚の肉の質感を
生かし、シンプルに低温でじっくり焼いてジュのソースでいただく。
しっとりとして肉質がなめらか。美味しかった。

デセールは
「アールグレイと桃の果汁を吸わせたババと火を入れない白桃のコンポート、
フリュイルージュのグラニテ、マスカルポーネのグラス」
美味しいに決まってる!
なめらかなマスカルポーネのアイスクリームにぞっこん♡
d0178742_02193127.jpg
さすが、ミシュラン☆☆
さりげない接客がスマートで好感が持てる。
料理は個性を押しつけるような味・ドレッセではなく、最初から最後まで
洗練された上質な料理をじっくり楽しめました。

H さん、マダムの皆さん、有難うございました。

このあと、ガラッと場所を変えて、お茶を飲みながらのおしゃべり。
楽しかったわ~♪♪

帰りは銀座から高速バスで自宅近くまで爆睡 zzz・・・^^;
よく寝たぁ~^^


[PR]
by madame_noe | 2017-08-05 02:12 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0)
この日は白金台のジョンティアッシュへ、主人も含めて大人6人で訪問しました。
(私は3回目^^;)
いつもながら繊細であり丁寧、そして力強いフレンチを堪能しました。

進藤シェフは元町の「修廣樹」、六本木「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」、元麻布「ボン・ピナール」を経て、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」へ副料理長に復帰。そして、現在「ジョンティアッシュ」料理長として活躍。シェフ就任1年目にしてミシュラン一つ星を獲得している。
ソムリエでマネージャーの熊澤さんにはペアリングをお願いして、優雅な楽しいひとときを過ごすことができました。

アミューズ「2種のグジェール」
ぶれない味!美味!
アミューズ「稚鮎のフリット」
まるでお皿の上で泳いでいるみたい^^
タイミング良くフリットされていて、程よい苦みと食感がgood!
「ホワイトアスパラをポシェとムースに仕上げて、愛媛県産アオリイカのソテーとレモンの香りを纏わせて」
ホワイトアスパラのポシェ、ムース(驚くほど滑らか♡)、アオリイカのそれぞれの風味を損なわないようにレモンで爽やかに仕上げている。
「フォアグラのプランシャ焼き、甘酸っぱいハイビスカスのガストリック、リュバーブのタルトを添えて」
カリッ!フワッ!と焼いたフォアグラに甘酸っぱくてインパクトのあるソース、そしてソムリエの選んだ貴腐ワインが・・・んもう!最高~♡
「青菜の軽やかなポタージュ、天使の海老とクルトンを添えて」
小松菜とホウレンソウを使って魚介の出汁で作るポタージュ。
滑らかでふわっとした優しい味です。
d0178742_23065594.jpg
「島根県産黒鮑8時間やわらかく蒸し上げシェフのスペシャルスタイルで」
文句無しで美味しい。是非、選ぶべき!
「白身魚のポワレ、グリーンアスパラガスの乗せ、ぺルノー酒とクリアなトマトのエッセンスで」
肉厚の白身魚(メニューに載っていない特別な魚・・・名前忘れた^^;)を皮目をカリッと焼いて身側はふんわり。トマトの酸味とぺルノーの香りのソースでさらに美味!
それに合わせた白ワインがとても美味しかった。
d0178742_23073148.jpg
「群馬県産加藤ポークロース肉、山梨県産皮付きヤングコーンきみひめの丸ごとローストを添えて」
火入れ最高!ヤングコーンも甘くて美味しい。
「フランス ランド産 仔鳩、山梨県産皮付きヤングコーンきみひめの丸ごとローストを添えて
d0178742_23075088.jpg
デセールは
「宮崎県産 日向夏を蜂蜜で軽くマリネし、クロモジのグラニテとクリーム、フロマージュブランのグラスとともに」
さっぱりとした酸味と甘くて滑らかなグラスでとても美味!
「ほろ苦いテリーヌショコラにフィアンティーヌを纏わせて様々なベリー類と抹茶のソルべを乗せて」
濃厚なテリーヌショコラとほろ苦い和の抹茶ソルべが合う。

メニューには食材の産地と調理法を明記して、好奇心旺盛な客に対する優しさと共に料理に対してまっすぐな姿勢と食材に対する尊敬が伺える。
単に「美味しかったぁ~」で終わるのではなく、後で思い出したときに
まだ余韻に浸ることの出来るレストランはそんなに多くはないのでは。
あまり口数の多い方ではない夫 N も「フレンチではここが一番美味しい」と
ふと思い出したかのように申しておりました。

お~け~!!!
いつでもお供しますわよ128.png
いつ?いつ??行くよっ!!

[PR]
by madame_noe | 2017-08-02 00:09 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0)
長~い夏休みも半分過ぎてしまいました。

でも!!ぼやっとしているわけではなく・・・
今まで長い間、目をつむって見ない振りしていた我が家の2階 129.png
生徒様には1階のトイレが壊れても2階にはトイレ無いし~と言い張って、
誰も階段を登らせなかった禁断の二階・・・。
(注;それでも強行突破した人が1人いましたが無言で降りてきた・・・)
この1カ月の間に思いっきり処分しました。
3年間登場しなかった服(ダイエットは諦めた!)、靴、バッグ
当然入れる物が無くなった家具、ぶ厚い布団達(暑がりの私には冬でもいらない)
もうmyブームから外れていった料理本(本棚一つ分)
(ついでに障子の張り替えもしたぞ!)
家が軽くなった気分♪
爽快です!
あちこちから届くsaleのお葉書にも誘惑されないわっ!!
もう、物は増やさない!と心に決めた次第です・・・(てかっ?)
断捨離、大成功ーーーーーっ 166.png

そこでやっと最近、ブログ更新に情熱を燃やす余裕が出て来たところです。
レッスンのある期間はレシピ作り、試作、買い出しとバタバタで
「先生~、ブログが更新されていませんね~~」と生徒様からご心配の
お言葉を頂戴しております。
はい!ここから2017年前半の「食べ歩き」を、遅ればせながら紹介させていただきます。
なにしろ肌寒い春先からのスタートですので、えっ?食材が季節外れ!
と思われると存じますがあしからず^^;

リベルテ・ア・ターブル・ドゥ・タケダ(麻布十番)
2017年3月訪問
娘 H子とランチです。
生徒様のHさんお勧めのフレンチレストラン。
武田シェフはミクニを経てフランスでトロワグロ、ジャルダンテ・サンスにて2年間修業、
帰国してからは「サンス・エ・サブール」、「Restaurant-I」の料理長を務められた後、2012年にこちらをオープン。

店内からは緑と流れる水を眺められ、明るく優雅な雰囲気です。
d0178742_10200298.jpg
まずはシャンパンからスタート。

アミューズ「根菜類の温かいスープ」
世界的に問題になっているフードロス。
ここでは、厨房で残った根菜類(黄人参、長ネギのグリエ、カブ、牛蒡など)、肉、魚介類を利用して、驚くほどに美味なスープにして提供。
クコの実も入ってた!
シブレットのシズレで覆われたホッとするお味です。

アミューズ「オイスター」
オイスターの上には液体窒素で凍らせた胡瓜のグラニテをソース代わりに。
さらに、柚子風味のジュレがけで爽やか。

アミューズ「ニシンのサラダ」
かわいい木のお皿にお行儀よく並べられた色とりどりの大根類。
ヨーグルトベースのワサビのソースをテーブルでサーブ。
下にはマリネされたニシンとキヌアサラダ。
大根の適度な厚みのスライスとニシンが歯ごたえとバランスの良さを感じる。

すでにアミューズの段階でH子と目が♡
d0178742_10211357.jpg
魚料理「カスベのムニエル、焦がしバターのソース」
恥ずかしながらカスベはお初。
軟骨が面白い食感ではまってしまう。
この日を境に、我が家の食卓にカスベが登場する機会が増えた。
香ばしく火入れされたカスベにコルドンに習った焦がしバターのソース。
下には芽キャベツのスライスのソテーが敷いてあった。
そして、燻製されたじゃがいものふわっふわのとろっとろが添えられている。
もう、美味しすぎて幸せ~!
うちの厨房にも欲しいエスプーマ・・・。
「またぁ〜?!どこに収納するの?」と幻聴が・・・

「パン、お豆腐のペースト」
パンに添えられているのは、豆腐、オリーブオイル、塩、フロマージュブランをミキシングしたもの。体に優しい。
d0178742_13260267.jpg
メイン「ジビエのパイ包み」
豚肉や鹿肉などの粗挽き、松の実やナッツ類、フォアグラの入ったパイ包み。
付け合わせは蕾菜、空豆、新玉ねぎ
南瓜のピューレとジュのソースでいただく。
パイが最高にサクッと色よく焼けていて美味!

デセール「柑橘」
ムースに、金柑、ブラッドオレンジ、文旦などをコンポートにして加え、
葛も酒粕も使われているのでいろいろ楽しめる。
柚子の飴をカバーして上に山椒の葉をドレッセ。
爽やか!

デセール「抹茶のプリン」
甘さ控えめの抹茶のプリン。上の層にはマカロンを上下ひっくり返して
くり、ナッツ、ホワイトチョコレート、ピスタッチオの砕いたものを入れ、
一緒にいただくと面白い!!

こんなに美味しくて手が込んでて感動をいただいて・・・
かなりのリーズナブルとみた!!
久々の大ヒットでした。
絶対、お勧めです。
(しつこいようですが、このメニューは2017年3月のものです^^;)

あっ!!
実は・・・すでに8月にまた予約しているんです。
ご一緒していただくメンバーの皆さ~ん、今から楽しみだね♪♪
ルンルン♪イェイ!!




[PR]
by madame_noe | 2017-08-01 12:15 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0)