大阪「カランドリエ」

大阪(実家)、二日目のランチは「カランドリエ」へ

この日も母と一緒です。
昼間っから乾杯~

まずはカランドリエ特製「フォアグラスープの四角いクロケット
一口サイズのとろけるフォアグラのコロッケ。感動の一瞬!

パン
シンプルな小さなフランスパン。皮がパリッとして美味しい。
食べやすいように切込みが入ってて優しい心遣いが嬉しい。

帆立のグリエ、ラヴィゴットソース」(母)
帆立と色とりどりの野菜のグリエが酸味のちょうど良いラヴィゴットとマッチ!

マスのコンフィ」(私)
浜松産のマスをトロ~とコンフィ、優しいホワイトアスパラのヴルーテと良く合う。

真鯛のポワレ、ソース・ブールブラン」(母)
グリーンアスパラガス入りライスコロッケが可愛くて美味しい。
もちろん、ブールブランも正統派!

甘鯛のポワレ、玉葱のローストとともに」(私)
淡路島の新玉葱をじっくりロースト、くり抜いた中には甘くてスモーキーな
グリーンピースのピュレがぎゅっと詰まっている。


カナダ産オマール海老のポワレ、ソース・アメリケーヌ」(母)
二日連続のオマール海老ですか・・・^^;(海老好きな母)
あーーーん!やっぱり美味しい!!(一口もらった!)

フランス産鴨のポワレ、ポルト酒とグリーンペッパーのソース」(私)
今日も鴨!
6月のレッスンの為に二日連続・・・です。
カランドリエの鴨は小ぶりでやわらかくてジューシー。
あ~~~!もっと、ちゃんと産地と種類を聞いておけば良かった・・・と反省^^;
とても美味しくいただきました。

小さな一皿(デセール)」
なんと今月のmyデセールメニューと一緒♪♪
フルーツとサブレ(これ、新鮮!)のサバイヨン。
上にオレンジのシャーベットが乗ってた!(美味しい!!)

デセールのワゴンサーヴィス
どれも美味しくいただきました。

小菓子
レベル高し!


東京にも大阪にもフレンチレストランは星の数ほどある。
ここぞと思って訪れたレストランで、いただいた瞬間は「美味しかったね」と感じても
最近は数日すると記憶が薄れてしまうことが多い。
感動することからやや遠のいていくのに寂しくも感じるこの頃。
この日、カランドリエさんはそんな私(と母)にときめきと感動をもたらせてくれた。
きっと、この差ってちょっとしたこと(キャリア、調理テクニック、食材の選択、
心地よいサーヴィスなど)の積み重ねだと思う。
でも、この小さな差が「美味しかったね」と「記憶に残る料理」の境界線だとしたら
ことは重大だ。

千葉で小さな料理教室を長年続けている私ですが、「記憶に残る料理」に一歩でも
近づける様に、3 人のアシスタントさんと共に頑張っていきたいと思います。

で、来月は「鴨!」
お楽しみに♪♪

あっ!
シェフと一緒



■  [PR]

# by madame_noe | 2015-05-17 00:17 | 食べ歩き | Trackback | Comments(2) 

大阪「リュミエール」

ポコッとスケジュールの空きがあったので、いそいそと実家のある大阪へ♪♪
with マカロン
新幹線にて。とてつもなくマナーのいい子です!!


実家は大阪のど真ん中に位置しているので、いろいろ誘惑の多い街
ショッピングもグルメもエステも充実してテンション・アップアップ

この日はフレンチの勉強の為リュミエール」へ

胃袋とお口が達者な86歳の母と一緒です

まずは、「各種チップス、サワークリームと共に
爽やかなサワークリームと一緒だと、ポテト、カボチャ、サツマイモなど(炭水化物!)のチップスがサクサクすすむ。


沖縄産の皮付きヤングコーンとフォアグラ
皮付きで蒸し焼きにした甘いヤングコーンとグラスまで煮詰めたバルサミコ酢を
まとわせたフォアグラ。
ソースも甘いコーン。小さなスープもコーンの風味がきいたコンソメ。
初夏を感じるオードブル。


遊園地
リュミエールのシグニチャーメニュー。
シーフードのグリエと色々な調理法の野菜達。
各種ソース(ピュレ)も一緒に楽しめる。
見た目はボリューミィーだけど大丈夫!
決してお腹いっぱいにならないように量を計算されているので、
後に続くコースの負担にはならない。


サーモンのコンフィ、初夏のソース
ホロホロにやわらかく火入れされたサーモンとバジルと枝豆のソース。
バッチリ!隠し味のヒントをいただきました



メイン
お肉が苦手で海老類大好きな母は「オマールのロティ、ジュのソース
もう!!美味し過ぎ!!!!(一口もらった)


私は来月のメニュー予定の「鴨のロティ」の為に・・・
鴨のロティ、蜂蜜風味のジュのソース
フランス産鴨の胸肉をロティ。輝きのあるソースが美味しい!


デセール
お好きなだけどーぞ♪ のデセール。
はい!これとこれとこれと・・・・・


とても勉強になりました。

86歳とは思えない強靭な胃袋を持つ好奇心旺盛な母とは、まだまだ食べ歩き道中を
続けることが出来そうです

ということで、明日も続く・・・
■  [PR]

# by madame_noe | 2015-05-14 22:04 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0) 

No201 2015.5 初夏を彩るおもてなし

ゴールデンウィークも後半に突入。

今年はN の一時帰国もあって、我が家でのんびりと過ごしております・・・ではなく!
N はゴールデンウィークの頭にカタールへ戻り、私は元の生活へ。
ボヤボヤしてる間も無く、クルクル頭をフル回転させながらレシピ作り。
試作、試食、撮影、レシピ書き直し、食材の手配と・・・すっかり老けております

とは言うものの、5 月は素晴らしい
庭のハーブも勢い凄っ!木々もキラキラ緑一色
地元スーパーも旬の野菜、果物に溢れ、活気に満ちています。

今月はそんな初夏ならではの食材をふんだんに使ってコース料理をご用意しました。

「初夏を彩るおもてなし」

Ⅰ ワイン
今回も「いまでや」さんにコーディネートしていただきました。

Ⅱ フレッシュグリーンアスパラガスとウドのサラダ、トリュフの香り
生のグリーンアスパラガスとウドをトリュフとともにいただきます。
今までに経験したことの無い初夏を思わせる爽やかなサラダです。


Ⅲ 海老とイカのアヒージョ、noe風
プリッとした海老とやわらかいイカのアヒージョ。
フランスパンがすすみます。


Ⅳ レモンとミントのグラニテ
オイリーなアヒージョからメインのグリエにつながる前に、
驚くほどに爽やかなグラニテがいい仕事をしています。


Ⅴ 地鶏のグリエ、和のサルサ・ヴェルデ添え

近くのスーパーでは美味しい地鶏が手に入るんです♪
ずっと温めていたメニューをやっと今月、実行します!
先日、熱心な生徒さんの H さんから、ご自宅の木の芽をたくさんいただきました。
それはそれは元気のいい木の芽で、とても香りもよくて若葉がやわらかい。
思わず「これだっ!!」とレシピに取り入れてみました。
H さん!!いつも有難う!!

ガルニはキレドさんのお野菜です。やっぱり美味しい~♪

Ⅵ季節のフルーツのサバイヨングラタン、セルクル仕立て
サバイヨンソースは今まで何回もしましたが、今回の配合が一番好き!!
使ったお酒の風味がうっとりするほどに美味~!


今月も旬の食材満載のフルコース♪
ほとんどが近所のスーパーで手に入るものばかりで、作り方も簡単。
皆さん!作れちゃうよっ!!頑張って!!

では、お楽しみにぃ~
noe

■  [PR]

# by madame_noe | 2015-05-05 03:31 | 料理教室 | Trackback | Comments(4) 

5月レッスンの日程です♪

明日から・・・早っ!5月

まぁ~!刻む(デ、ジュリエンヌ、アッシェ等々)メニューの多い4月でしたが、
なんとか腱鞘炎一歩手前にて無事終了♪
5月はEasy&Quick はどうだ?!と思っているところ~
はい、GWボケでボヤボヤしとります

さて、5月レッスンの日程です。

5/06(水) 第2水曜日クラス、10:30~(変更しました)
5/08(金) 第2金曜日クラス、10:30~ 
5/09(土) 第2土曜日クラス、11:00~
5/15(金) 第3金曜日クラス、10:30~
5/16(土) 第3土曜日クラス、10:30~
5/19(火) 第3火曜日クラス、10:30~
5/20(水) 第3水曜日クラス、10:00~
5/23(土) 第4土曜日クラス、11:00~
5/25(月) 第4月曜日クラス、10:30~
5/27(水) 第4水曜日クラス、10:30~
5/28(木) 第4木曜日クラス、10:30~

お振り替え希望の方、ご不明な点がお有りの方は、当ブログの非公開コメント、
PCメール(「教室のお問い合わせ」参照)にてお受けしております。
宜しくお願いします。

noe






■  [PR]

# by madame_noe | 2015-04-30 17:05 | 料理教室 | Trackback | Comments(0) 

ヒラスズキ

「白身魚のポワレ・・・」がメニューにあった4月のある日・・・

「釣れたぁ!!今日、持ってくよ!!」
と、専属漁師? M (長男)から嬉しそうな声が届いた
「ヒラスズキ!!75cm!!4.5kg!!」

南房総、館山、白浜沖で格闘の末に釣り上げたのがコレ!


取り敢えず内臓と血合いを取ってもらい、死後硬直のままペーパーに包んで冷蔵庫。
翌日、鱗を取って三枚おろしにしてからパヴェにする。
かなりの肉厚だ!!
幸運にも翌日のクラスの生徒さん達のお口に入ることとなった。

そして、一時帰国の N の口に入ったのは・・・「noe風かぶと煮」
(こっち・・・睨んでる)

N は大喜び♪
カタールではお目にかかることの無い「ひらすずき
最高の親孝行となった。

■  [PR]

# by madame_noe | 2015-04-29 22:44 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)